今回は姓名判断の見方を説明していきます。

f:id:masamasa216:20170511113327p:plain

この画像は「姓名判断タダシクナヅケテ」の画面の例です。

 

姓名判断タダシクナヅケテ

 

姓名判断は、「天格」「人格」「地格」「外格」「総格」の五格で判断します。

 

ではそれぞれの説明をしていきます。

 

 

「天格」(祖運)

苗字の総画数で祖先運です。

祖先から代々受け継いできた苗字なので、自分ではどうすることもできませんが、名前の画数との組み合わせが大事。

一般的には晩年の運勢に影響が強いとされています。

 

 

「人格」(主運)

苗字の最後の文字と名前の最初の文字の画数を足したものです。

その人の内面をあらわし、中年期の運勢に影響を与えます。

ここが吉以上だと、ポジティブで積極的な性格などが現れ、逆に凶だとネガティブで妬みがちな性格があらわれると言われます。

 

 

「地格」(初運)

名前の総画数です。

幼少期の運勢をあらわして、成長過程にも強い影響を与えます。

人格が内面をあらわすのに対し、地格は他人からみた自分の印象をあらわします。

吉以上なら、社交性に富んだ人で他人から良い目でみられ、凶ならその逆で他人から良い印象を受けません。

 

 

「外格」(助運)

総格から人格を引いた画数です。

これは人間関係をあらわします。

職場や家族などの外因要素で結婚運も含まれます。

 

 

「総格」(総運)

姓と名の合計画数です。

他の格のすべてを支えます。総合運ではないので注意が必要です。

晩年期に強く影響があります。

 

 

簡単ではありましたが姓名判断の見方の説明をさせていただきました。

 

それぞれの意味をそこまで理解していなくても、「姓名判断タダシクナヅケテ」は無料でサクサクできるので、上の画像のようにぱっと見で判断して、色々ためしていくのも楽しいと思います。

 

是非一度試してみて下さい(^^)

 

「姓名判断タダシクナヅケテ」はコチラから⇩